社会福祉法人栃の木福祉会社会福祉法人栃の木福祉会
栃の木保育園 豊里こども園

保育方針

法人の基本理念

子ども一人ひとりを大切にし、地域に愛される保育園

一番大切にしていることは、“子ども主体”ということです。当法人の職員は、どの様な状況でも常に『子どもたちにとって何が最良か』ということを考え、保育をして参ります。
 また保護者をはじめ地域のニーズを常に把握し、柔軟な姿勢で保育を考えると共に、『施設の様々な資源を地域に還元する』という意識で運営をして参ります。

社会福祉法人栃の木福祉会 理事長 柴崎 宏

保育方針

子どもの豊かな心と丈夫な体を育て,自律と自立、共生の心を育む保育

正しい生活習慣を身につけ、“心”と“身体”の健全な発達を育んで参ります。
また、お互いを尊重し助け合い、支え合って共に生きていく心を育んで参ります。

保育目標

心身が豊かな子ども
思いやりのある子ども
明るく素直な子ども
自分で考えて行動できる子ども

当園は、保護者の方が安心してお仕事が出来る様に、暖かくて落ち着きのある家庭的な保育、そして安全な保育を実施しております。保護者の皆様は、お子様がご自身の手を離れたところで生活されるのに不安や戸惑いがあるかと思います。また子どもにとっても生活環境が変わることで同様のことを感じていることを、私たち保育者は深く理解しております。

保育園の生活に慣れるまでには個人差があり、また年齢・月齢によっては少し時間がかかるものです。それも、乳幼児の心の正常な発達なのです。

私たち保育者は、子どもたちが“第2のわが家”と感じて、「保育園に行くのが楽しみ」と思ってもらえるように、日々努力をして参ります。

お子様がすくすくと成長していく様を、保護者の皆様と私たち保育者とが一体となって見守っていきましょう。